2024年1月 1日 (月)

年賀状2024

明けましておめでとうございます。

昨年は、ほとんどブログ更新できませんでしたが、猛暑の中、頑張って米作りしました。

昨年は、伊勢神宮の神田で発見栽培されるようになった「伊勢ひかり」という品種をメインに作りました。晩生型のしっかりしたお米です。

埼玉県産の「彩のきずな」と黒米・緑米・赤米の古代米も、例年通り作りました。

メンバーの高齢化に対応してバインダー(刈取り機)も導入し、一昨年より収量も増えました。

頼りになる若い世代が、新しい知識や作業方法を取り入れて頑張ってくれた成果だと思います。

これから若い会員が増えて、世代交代がスムーズに進み、田んぼやこの素晴らしい景観が守られることを期待しています。

今年は辰年! 年賀状は、この地域の神社に伝わる獅子舞を描いてみました。

中獅子、女獅子、大夫獅子の3頭の獅子が勇壮に舞う「竜頭(リュウズ)の舞」という900年続く獅子舞です。

 

2024

2023年5月26日 (金)

田んぼ畦塗り

苗も育ってきました。もうすぐ田植えです。

その前に、田んぼに水を入れますが、畦の割れ目や穴から水が漏れるのを防ぐために畦塗りという作業をします。

Photo_20230526185501

2023年5月13日 (土)

田こすり機

無農薬のお米作りでは、毎年田んぼの草取りが大変です。

今年は田こすり機という除草用の道具を作ることになりました。少しでも除草作業が軽減されること期待して・・・

Photo_20230513160301

2023年5月 7日 (日)

アオダイショウ

今年も、4月から田んぼ作業が始まりました。

現在、苗床を作り、今年の苗を育てている最中です。その間には田んぼの雑草抜きや畦の整備などをします。

毎回、体験希望の親子が何組も参加してくれます。

4月末の作業では、農閑期に作っていた稲わら堆肥を田んぼに撒きました。

2_20230507172901

2023年1月 1日 (日)

年賀状2023

明けましておめでとうございます。

昨年は、ブログ更新をさぼってしまいましたが、例年通りみんなで楽しく田植え、稲刈りをし米を収穫しました。

しかし、年ごとに仲間も高齢化が進んでいるのが現実です。少しづつ機械化も検討し、若い世代へ引き継いで行こうとしています。

そして、私はというと昨年夏から、田んぼの仲間が立ち上げたトウガラシ農園の手伝いを始めました。

いろいろな種類の世界のトウガラシを収穫するのは楽しい作業です。

Img092

2022年5月18日 (水)

イチゴツナギ

5月2回目の生きもの調査は田んぼコースを巡りました。

曇っていたのでチョウやトンボの数は少なかったけれど、田んぼの畦には野草がいっぱいです。

Img091 

 

 

 

 

 

 

2022年4月 1日 (金)

アズマヒキガエルの卵、救出作戦

田んぼの水路に何やら蛇のような、紐のようなものが・・・・

Photo_20220401104601

2022年3月 9日 (水)

畦の補修

冬の間、田んぼ作業はお休みですが、くずれた畦の補修のため集合して作業をしました。

220305

2022年2月18日 (金)

堆肥の切り返し

12月初めに積んだ堆肥は、糸状菌や放線菌などの菌の力により分解が進みます。

積んだ時の堆肥温度は15度以下でしたが、どんどん上昇して70度以上に上がり、その後徐々に温度が下がってくると切り返しのタイミングです。1回目は1月中旬、2回目は2月中旬に切り返し作業をしました。

堆肥を一度外に出して積み替えることにより、原料が混ざり空気が入って、また発酵が進みます。

完熟堆肥が出来上がるまで、これを数回繰り返します。

220219

2022年1月 1日 (土)

年賀状2022

明けましておめでとうございます。

今年も新型コロナウィルスとのお付き合いになりそうですね。

世界ではオミクロン株が猛威をふるっていますが、田んぼは野外作業ですので注意しながらまた一年頑張りましょう!

2022

 

 

«堆肥作り

2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ